navi skip

コラム

  • 【女性用風俗】業界初!動画で選べる出張ホスト・ ホストロイド ロゴ

  • 東京都公安委員会届出済 無店舗型性風俗特殊営業届出番号 第14519号
    • TEL:050-3479-4895

      電話受付時間:12:00~23:00

    • 各種カード決済可能です

コラム

  • 男女関係

  • 2019-07-25

夫婦喧嘩が起きる原因とは?対処法や予防法についてもご紹介

ホストロイド|夫婦喧嘩が起きる原因とは?対処法や予防法についてもご紹介 イメージ画像1

既婚者のほとんどの人は夫婦喧嘩を一度はしたことがあると思います。

夫婦喧嘩は夫婦によってさまざまな原因があると思いますが、たいへん気分の悪いもので、その場に居合わせた子供たちにとっても居心地が悪いものです。

ここでは夫婦喧嘩が起きてしまう原因と予防する方法や対処法についてご紹介します。

 

夫婦喧嘩が起きてしまう原因について

 

夫婦喧嘩はいろいろですが、その原因の多くは、いくつかのパターンに分けられます。

まずは、夫婦喧嘩のよくある原因について考えてみましょう。

 

家事の分担について

 

夫婦共働きの場合に特に喧嘩の原因になるのが、家事の分担についてです。

お互いに仕事があり、疲れて帰ってきた時などに、部屋が片付いていない、洗濯ができていない、ゴミがたまっている、お風呂が洗えていない状態だと疲れが倍増します。

自分は忙しいながらも分担をこなしている時には、イライラが爆発することも。

「ちゃんとして」と「ちょっとくらい休憩させろ」とで、夫婦喧嘩に突入です。

疲れている時は、些細なことでも怒りやすくなるので、気持ちに余裕がないとすぐに喧嘩をしてしまいます。

 

考え方や価値観の違い

 

結婚を決めた時にはあまり気にならなくても、徐々に効いてくるのが考え方や価値観の違いです。

根本的に生き方が違うため、離婚の原因としてもよく挙げられています。

少しの違いなら、ある程度は受け流せても、日々の生活習慣や子供の教育方針など、どうしても譲れない部分に大きな相違があると、夫婦喧嘩が勃発することもあります。

中でも辛いのが、お金に関する価値観の相違です。

片方が一生懸命に節約しているのに、もう片方に大盤振る舞いをされてしまっては、発狂しそうになるでしょう。逆に、ケチでしみったれたお金の使い方ばかりをされては、みじめな暮らしを強いられるかもしれません。

価値観が違うと、すべてにおいて意見が衝突してしまいます。お互いに譲歩しないと夫婦喧嘩ばかりの日々になってしまうでしょう。

 

態度や言葉遣い

 

長く一緒にいるようになると、気分次第で嫌な態度をとってしまいがちです。

ですが、そんな態度をとられる側としては、「なんでそんな態度をとられなきゃいけないの?」となるわけです。

その態度や言葉遣いが一時的なものではなく、慢性的な場合はさらに関係が悪化する可能性があります。

「そのくらい分かるでしょ?」「何言ってんの?」「さっさとしてよ」「バカじゃないの?」なんて言葉が日常化しては、愛情のかけらも感じられません。

仕事や子育てで疲れ切っている時に「オレの飯は?」なんて言われたら、思わず「むしろあなたが用意してよ!」と言い返したくなりますね。

子供の前でも容赦なく乱暴な言葉を使われると、子供はすぐにマネをしてしまうため、子供の生活にも影響を与えます。

お互いを思いやる気持ちが薄れてしまうと、態度に出してしまい、傷つけ合うように夫婦喧嘩が始まります。

 

コミュニケーション不足

 

仲が悪いわけではないけれど、仕事の都合で生活のリズムが合わず、なかなかコミュニケーションがとれなくなることも夫婦喧嘩の原因になります。

お互いの気持ちや行動が読めないため、想定と違う行動をとられると余計にイライラしてしまいます。

また、相談もできず何も聞いてもらえない状態は、女性にとって大きなストレスになります。特に子供が小さくワンオペ育児を強いられている場合では、精神状態もギリギリになりやすく、悲観的になりがちです。

いつも飲みに行って夜中まで帰ってこない、休日出勤が多い、休みの日も友だちと出て行ってしまうなど、すれ違いの生活が続くと大喧嘩の元になります。

自分の都合だけで立ち回っていては、あっという間にコミュニケーション不足となり、取り返しのつかないような夫婦喧嘩に発展するかもしれません。

 

夫婦喧嘩した時の対処法や事前に防ぐ方法とは?

 

夫婦喧嘩をしないに越したことはありませんが、喧嘩をしてしまった場合は早く治めたいものです。

些細な原因の夫婦喧嘩でも、いったんこじらせてしまうと関係は悪化し、引っ込みがつかなくなってしまいます。子供たちを巻き込む前に、とにかく早めに対処しましょう。

 

夫婦喧嘩した時の対象法

 

夫婦喧嘩をしている時は感情的になっていますが、今後のことを考えてできるだけスマートに対応したいものです。

 

・まずはお互い冷静になるまで待つ

ただの軽口のつもりでも、売り言葉に買い言葉、いつの間にか夫婦喧嘩に発展していたなんてこともあります。その場合はまず、お互いが冷静になるまで待ちましょう。

興奮して言い合っても、何も上手くいきません。「大人なんだから…」となんとか自分をなだめて、深呼吸をしましょう。

同じ空間では冷静になれないのなら、距離を置くのも大切です。家出をする、実家に帰るでは大ごとになりますが、ほんの少しカフェに避難するだけでも気分転換になります。

お互い冷静になれば、相手の出方をうかがうこともできますし、自分の気持ちも整理しやすいでしょう。

 

・素直に謝る

夫婦喧嘩の原因として明らかに自分に非がある場合でも夫婦として長く一緒にいるようになると、なかなか素直になれないことも多いでしょう。

「今回は私が悪いけど、いつもは向こうの方が悪いから謝らない!」と思うのではなく、とりあえず素直に謝ってみましょう。

子供にはいつも謝るように言っているのに、親が謝れないのではダメですね。

 

・仲直りとしてのプレゼントをする

ただ謝るだけでは申し訳ない時は、何かプレゼントをするとよいでしょう。

しかし、高いものを贈っては、「お金がもったいない」と新たな火種になりかねないので、そこはバランスを考えましょう。

外食や花束、おいしそうなスイーツなど、相手の好きなものを感謝と謝罪の気持ちを込めて贈りましょう。

 

事前に防ぐには?

 

夫婦喧嘩はお互いに気力も体力も消耗するので、できれば避けたいところです。

夫婦喧嘩を事前に防ぐための心得をご紹介しましょう。

 

・自分たちの中でルールを決めておく

夫婦喧嘩になった時を想定し、事前にルールを決めておくのもよいでしょう。

喧嘩をしても翌日には持ち越さない、謝られた場合は必ず受け入れる、子供の前ではお互いの悪口を言わないなどがおすすめです。

怒りを持続しながら、日常生活を続けることは疲れるものです。少々モヤモヤしていたとしても、ルールを守っていれば、気分も落ち着き、早めの仲直りができるでしょう。

 

・相手の意見も尊重する

お互いの意見がぶつかり合い、譲歩することがなければ、当然夫婦喧嘩になります。

避けるためには、相手の意見を聞き、自分の意見を言い、その上でお互いの気持ちを尊重することです。

100%自分の思い通りにはいきません。たとえ相手の意見が回り道に思えても、夫婦なのですから相手の意見も尊重してあげましょう。

 

・意地を張らずに素直になる

たわいもない夫婦喧嘩のほとんどの原因は「意地の張り合い」です。謝ればすむことも、変なプライドが邪魔をするせいで、なかなか上手くいきません。普段から意地を張らず、素直になることも喧嘩を防ぐことにつながります。

 

・できるだけコミュニケーションをとる

夫婦喧嘩は気持ちのすれ違いにより起こります。気持ちのすれ違いを無くすには、とにかくコミュニケーションをとり、お互いを理解し合うことです。

ほんの一言でいいので、自分のスケジュールや気持ちを伝えれば、ムダに喧嘩をすることも減るでしょう。

社会人に必要な「報連相(ホウレンソウ)」を夫婦関係にもしっかりと取り入れましょう。

 

まとめ

 

夫婦喧嘩は、お互いが本音をむき出しにすることで起こります。しかし、少しの気遣いで回避できることも多いので、相手を尊重する気持ちを忘れないようしましょう。

また、相手に100%を求めてはいけません。喧嘩はお互い様なので「まあ、そんなこともあるか」と受け流せるように気持ちに余裕を持ちましょう。

 

おすすめ出張ホストロイド

田辺涼(41)

身長.171cm 体重.57kg A

現在---

出発地千葉県

若宮慶(34)

身長.172cm 体重.59kg O

現在---

出発地東京都

松下雄(34)

身長.172cm 体重.60kg A

現在7

出発地東京都

阪上洋(よう)(25)

身長.170cm 体重.64kg AB

現在8

出発地東京都

ホストロイド 新人のご紹介

現在---

出発地千葉県

現在7

出発地東京都

現在---

出発地福島県

現在8

出発地東京都

現在---

出発地-----

ホストロイド ランキング ベスト3位

現在1

出発地神奈川県

  • ホストロイド ランキング2位

  • 伊吹海斗
  • 伊吹海斗(27)
  • 身長.180cm 体重.70kg O

現在2

出発地埼玉県